illustrator

【イラレde3分クッキング】ふっくらごはんの描き方

今回から「イラレde3分クッキング」と題して、食べ物のイラストの描き方を3分でご説明するコーナーを始めます!

第1弾は「ふっくらごはんの描き方」です!

ご飯のイラストをリアルに描くとき、ご飯粒を一粒一粒描くのは大変ですよね💦

イラストレーターのブラシツールを使えばあっという間に描けちゃいます✨

イラストレーターを使ったふっくらごはんの描き方

①楕円形ツールを使って楕円形を描く

まずは楕円形ツールで細長い楕円形を描きます。

影をつけて立体感を出したいので、3色(白、薄いグレー、濃いグレー)を用意しました。

 

 

 

 

 

 

②作った楕円形を散布ブラシに登録する

楕円形で描いたお米をブラシパネルへドラッグすると新規ブラシオプションが表示されるので、

散布ブラシを選択します。

 

散布ブラシのオプションはこんな感じにしました。

 

これでブラシの設定は完了です!

 

実際にブラシツールで描いてみるとランダムな向きのお米ができます☺️

③器にごはんを盛っていきましょう!

 

事前にお茶碗とお箸は用意しておきました。

早速ごはんをもりつけていきましょう☺️

まずは濃いグレーの米粒から描いていきます。

ブラシツールで盛るようにご飯を重ねていきます。

 

同じように今度は薄いグレーの米粒ブラシを選んで影を意識しながら重ねていきます。

 

最後に白い米粒ブラシで同じように重ねたらふっくらごはんの完成です!

 

まとめ

今回は、ランダムな向きのご飯粒の描き方をご紹介しました。

思ってた以上に簡単に描けたのではないでしょうか、、、!

これを応用すれば、丼物とかお寿司とか作れちゃいますね☺️✨

最近、食べ物のアイコンイラストを描くことにハマっているので、近々第2弾も更新したいと思います!お楽しみに!

ご紹介したイラストはイラストACにも掲載していますので良かったらダウンロードお願いします✨

https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=1688265

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です